お葬式について知っておくと役立つ!家族葬に関する知識や雑学を紹介します

このサイトでは家族葬に関する知識や雑学をご紹介しています。
近年増えている小規模なお葬式に関しても、あらかじめ知っておくといざというときに役立つ可能性があるのでおすすめです。
家族のみでの葬儀の場合には、どのようなお通夜になるのか疑問に思われることもあるでしょう。
このサイトでは特徴とやり方も解説しています。
加えて家族だけの葬儀にする場合、僧侶は呼ぶのかという基本的なこともしっかり解説していますので参考になるはずです。

お葬式について知っておくと役立つ!家族葬に関する知識や雑学を紹介します

家族葬が増えているため知識を持っておきたいと考える人も多いのではないでしょうか。
高齢化が進む現代では、お葬式のスタイルも変化しています。
家族だけが参列する家族葬は、小規模であっても仏式ならば通夜と告別式を行うのが特徴です。
しかし、一般的に香典は無しで行うことも少なくありません。
もし遺族が辞退している場合には、無理に渡す必要はないといえます。
弔電やお供えものなども辞退している場合には、贈らない方が良いでしょう。

家族葬のメリットデメリットを知ろう

一般的な葬儀は、葬送全てが完了するまで弔問客の数が判明せず挨拶状や返礼品などを余分に用意しておく必要があり不経済ですが、家族葬は予め弔問客数を遺族は決めているので香典の即返しなど経済的にも時間的にもメリットが大きな葬儀とされています。
気心の知れた親族や知人しかいないので見ず知らずの人への不毛な接待の必要がなく遺族の心身に対する負担が大きく軽減でき、接客の必要がないので故人との限られた僅かな時間を故人を偲ぶの費やす事はできます。
家族葬は、大都市圏ではかなり浸透してどんな葬儀か理解されていますが、地方の郡部では盛大な葬儀が故人への最大の手向けとする常識が罷り通っており、同じ町内だからと弔問に訪れる人が多くいるのが現状です。
その為、遺族は、予定外の弔問客の訪問に驚き対応出来ない事があり、家族葬が浸透していない地域では自宅で葬儀を執り行う事ができない場合があります。
また、葬儀後に参列出来なかった親族や知人との人間関係が悪くなることもあります。

家族葬とは何人くらいで行うものなのか?

時代の流れとともに冠婚葬祭の考え方が大きく変化してます。
結婚を例にとってもわかるように、できるだけ少人数でコンパクトにスマートに行うのが現代風なんです。
これは葬式においても同様で、できるだけ小規模で少人数で行うのがトレンドと言えます。
そこで家族葬のニーズが非常に高まってるんです。
家族葬とはごく限られた親族や身内で行う葬式スチルを指します。
人数は多くても10名までと言われます。
漁師にゃ兄弟、親しかった叔母や叔父、いとこまでが参列できる範囲です。
これ以上多くの人に訃報を伝え、葬儀となると一般葬を選択して問行った方が賢明です。
家族葬とは人数が少なく寂しい葬式のように感じてしまいがちですが、実際はそうではありません。
故人とじっくり向き合い、しっかりと別れを告げられる葬式でもあるのです。
何人も第三者の参列がある葬式では、じっくり故人と向き合うこともできず、人の目が気になって泣きわめいたり、故人に抱きつくこともできません。

家族葬にかかる平均的な費用とは?

冠婚葬祭に対する日本人の考え方に変化が見られます。
かつて日本人は結婚式や葬儀にたくさんのお金を使うことを良しとしていました。
出来るだけたくさんの人に参列して祝福されたり弔われることが、良いといった文化があったんです。
そのため冠婚葬祭に備えて貯金もたくさんされていたのです。
だが現代はデフレ経済で冠婚葬祭の為にお金を蓄えるほど、多くの人に余裕はありません。
そこで葬儀なども少人数で出来るだけコンパクトに、そして身内だけで執り行う家族葬が人気になってます。
家族葬の一般的な費用は一般葬の三分の一程度で行えます。
30万円から50万円がその相場と言われてるのです。
より安くコンパクトにしようと思えば自宅で葬儀を行うという方法もあるんです。
さらには最近では家族葬よりもよりコンパクトで、費用の掛からない直葬が人気になりつつあります。
故人を火葬場に直行させそこで簡単な読経とお別れをする斧であり、コストは15万円前後です。

家族葬の一般的な流れはどのようなものか?

近年増えている家族葬は自由な形式で行えるのが魅力な点の一つです。
参列者を減らして近親者のみで行うことができるので、余計な気遣いをする必要がなく、故人を偲びながらゆっくりと過ごすことができます。
自由な形式で行えるため一般的な葬儀のような流れは必要ないのかと感じますが、実際には一般葬とほぼ同じです。
病院から連絡を受け死亡の診断を受け次第、葬儀社に連絡をし、お迎えに来てもらいます。
日程やプランが決まったら通夜を行い、2日目に家族葬を執り行います。
家族葬では参列者が着席したところで開式となり、読経をしてもらったり、故人が好きだった音楽を流したりし、お焼香をします。
お焼香は献花となることもあります。
お焼香が終わると祭壇から棺をおろして蓋を開け、別れ花を入れて釘打ちの儀式になります。
その後喪主のあいさつとなり、出棺、火葬、お骨上げと進み、最後に精進落としをしてすべての行事が終わります。
家族葬の場合は飲食の場を設けないで終えることもあります。

家族葬に関する情報サイト
家族葬に関する雑学

このサイトでは家族葬に関する知識や雑学をご紹介しています。近年増えている小規模なお葬式に関しても、あらかじめ知っておくといざというときに役立つ可能性があるのでおすすめです。家族のみでの葬儀の場合には、どのようなお通夜になるのか疑問に思われることもあるでしょう。このサイトでは特徴とやり方も解説しています。加えて家族だけの葬儀にする場合、僧侶は呼ぶのかという基本的なこともしっかり解説していますので参考になるはずです。

Search